ウンcodeプログラマの日常

CentOS・MacOSぶっ殺すマン PC中毒・プログラマ エロゲ・ギャルゲなどの制作もしています。最近はVRやAR技術ばかりやってます

Oculus Go の開発をやってみる(後編)

前回の続きです

Oculusの開発者登録をする

OculusGOを開発者モードにするには使っているアカウント(OculusもしくはFacebook)で開発者登録が必要です。

OculusDeveloperCenter

OculusDeveloperCenterに入ったらまずはFacebookアカウントかOculusアカウントでサインインします。
そしたら、画面上にあるManageを選択します。
f:id:MogamiTsuchikawa:20180511171231p:plain そうするとストアでの表示名を聞かれるのでお好きなお名前を。問題が起こるとコワイのでアルファベットのみで付けると良いでしょう
f:id:MogamiTsuchikawa:20180511171410p:plain
登録が完了するとこんな画面が出てきます。
f:id:MogamiTsuchikawa:20180511171518p:plain
これで開発者登録は完了です。

OculusGOを開発者モードにする。

スマートフォンにインストールしたOculusアプリを開きます。
f:id:MogamiTsuchikawa:20180511172123j:plain
設定を開きます。

f:id:MogamiTsuchikawa:20180511172204j:plainf:id:MogamiTsuchikawa:20180511172230j:plain

その他の設定を開いて開発者モードを選択します。

f:id:MogamiTsuchikawa:20180511172338j:plainf:id:MogamiTsuchikawa:20180511172402j:plain

はい!これでOculusの設定は完了!

OculusGOのドライバーをインストールする

OculusGOにアプリを送ったり削除したりをPCから操作するためのadbドライバーをインストールします。
この操作はWindowsのみで必要のようです。
まずはOculus公式サイトからドライバーをダウンロードします。
OculusGO adb driver
ダウンロードしたzipファイルを適当な場所に解凍します。
解凍できたら中に入っているandroid_winusb.infを右クリックしてインストールをクリックします。
f:id:MogamiTsuchikawa:20180512114617p:plain
インストールが完了したら、Windowsを一度再起動することをお勧めします。

Unityでアプリを実行する

Unityに戻ります。
いよいよアプリケーションを動かします。
もうビルドすれば動くのですが、動いても何か物がないと自分が回転したり出来ているかもわからないので、適当にcubeなどを設置します。
cubeはGameObject--3D Object--Cubeと選択することで追加が出来ます。
f:id:MogamiTsuchikawa:20180512115350p:plain

Cubeが設置できるとこんな感じになります。
f:id:MogamiTsuchikawa:20180512115428p:plain

File--SaveSceneを選択して保存します。
それが出来たら、OculusGOとPCがUSBケーブルでつながっていることを確認してFile--Build&Runを選択し実行します。
開始したらOculusGOをかぶりましょう。おそらくUSBデバックの許可についてのダイアログが出ているので許可してください。これでPC側のビルドがしっかりと成功すればアプリが実行されるはずです。

最後に

どうでしたか?
VRアプリケーションの開発と言っても普通のスマホアプリ開発とほぼ同じでそれ以外に特に難しいことはありません。
だからOculusGOのアプリを作ろうぜ☆
何か質問等あったら気軽にTwitterの方に聞いてもらってOKです。このブログのコメントでもかまいません。

投げ銭よろしくお願いします!!

BitCoin:3QsNSLWHxFHa3Bs2VfD17PGJz7TTgE6p15

MonaCoin:M9yBDmLNg8f19EsE63349iUuniivDdkqm6
頂いた投げ銭は開発資金の足しにしたりします!