ウンcodeプログラマの日常

CentOS・MacOSぶっ殺すマン PC中毒・プログラマ 一応、高校生かもしれない。高校の部活の社畜です。KOROSARERU☆(ガチ) 現在、インスコ不要のC#開発環境を作っています。できました。次期Ver (CN:COSMOS)よろしく!@Csharp_GO

WindowsMRをまとめてみる

案外いろいろと種類があるWindowsMRについてまとめました。

①WindowsMRは三つに分けられる

WindowsMRというとARグラスとTVで報道されてしまうHoloLensを思い浮かべる方が多いと思います。他にも、ほぼVRと言っていいAcerDELLなど多くのPCメーカーが販売するPC向けWindowsMRヘッドマウントディスプレイ(以後WinMR HMD)もある。また、ほとんどの方があるけど多分全然使わない機能として「MixedRealityビュワー」というものもある。 「MixedRealityビュワー」は他の二つのWinMRと違い、専用の機器を必要としないので手軽に使える機能だ(しかし、説明動画を見るとすぐわかる通り、Windowsタブレットのアウトカメラを使うようにされた機能なので普通のノートPCだときついかな?)簡単に説明するとARカメラみたいなもの。

②まだ開発者版なHoloLens

発売してから結構時間が経っているが、HoloLensはまだ開発者版で改良型なども出ていない。 よくHoloLensはTVでARグラスと呼ばれているが、同じくARグラスであるGoogleGlassとは全然違う。(そういえばGoogleGlassプロジェクトどうなったんだろう?)GoogleGlassは使用者の視界にアプリケーションなどの映像を重ねるものだが、HoloLensでは使用者が見ている空間を認識し、あたかもそこに物があるように映像を重ねる。似ているように見えて全然違うのである。 自分は今度の4月のマイクロソフトの発表会「Build」にてAIなどを活用できるように専用の機能も搭載した改良型HoloLensが出るのではないかと期待している。

③最もお手軽なPCVRであるWinMR HMD

スマホVRなどと比べ圧倒的投入感と操作性を持つPCVR(PCを使ったVR)は2016年12月に発売されたOculusRiftから一般ユーザーが買える物になったが、当初は超高スペックPC+10万円の機材というかなり高額なものだった。 だが、最近は低価格かつセットアップの簡単なWindowsMR HMDの登場とグラフィックボードの進化により以前に比べだいぶ初期投資額が少なくなってきている。(WindowsMR HMDは5万円台の物からある)

(1)WindowsMR HMDとそれ以外のPCVRの比較

WindowsMRとそれ以外の主要PCVRを表にまとめてみた WindowsMR HMDが他のPCVRと大きく違うところは部屋にセンサーなどを設置する必要がない点である。スマホVRなどとは違いPCVRでは自分の立ち位置・傾き具合・コントローラーの位置を検出出来るようになっている。そのためにOculusRiftやHTC viveでは部屋にセンサーを設置する。だがWindowsMRではHMD本体に空間認識が可能な特殊なカメラがついているので外部にセンサーを設置する必要がなくなっている。そのため、センサーの設置の手間が省け、簡単に使うことが出来る(センサーの設置というと簡単に聞こえるかもしれないが、OculusではPCからUSBのコードを引かなければいけないし、viveでは高いところに設置&AC電源というかなり場所を選ぶので結構難しい。)その反面、向いている方向の逆側など本体のセンサーから死角になる位置ではコントローラの位置を検出できない。(が、ほぼ実用の面では問題ないと思う) また、WindowsMR HMDGeForceRadeonなどのグラフィックカードを搭載しないノートPCで使うことも出来る。

が、それは半分詐欺!

(2)WindowsMRが動作する環境

WindowsMRはUltraとノーマルの二つの動作モードがある。 よく、WindowsMRの宣伝で言われているintel内蔵グラフィックで動くのはノーマルなモードである。ノーマルなモードでは基本、VR空間内で大画面で普通の2Dアプリケーションを使うような事しかできない。つまり、仮想的な大画面でWebブラウジングをしたり動画鑑賞をするといった事は出来るが、VRゲームなどは出来ない。VRゲームなどをするにはUltraモードでやる必要がある。また、フレームレートは60Hzなので人によっては、酔う可能性が高い。(自分は酔った) Ultraモードはノーマルなモードで出来ることに加えてWindowsStoreにあるVRゲームやSteamで配信されているHTCvive向けのゲームをすることが出来る。さらにフレームレートは他のPCVRと同じ90Hzで使うことが出来る。その代わりGTX960やRX460といったある程度の性能のグラフィックボードが必要だ。また、Steamで配信されているゲームなどは他のPCVRの推奨グラフィックボードであるGTX1060で普通に動作するように作られているので、WindowsMRHMDでもそのようなゲームをする際はGTX1060などの高性能のグラフィックボードがないと動作は厳しい。 ノーマルとUltraで必要なスペックをまとめるとこうなる。(簡易的なので、動くかどうかは実際にPCでMixedRealityポータルを起動して判定して欲しい)