C#とWindowsと最上と土川

CentOS・MacOSぶっ殺すマン PC中毒・プログラマ 一応、高校生かもしれない。高校の部活の社畜です。KOROSARERU☆(ガチ) 現在、インスコ不要のC#開発環境を作っています。できました。次期Ver (CN:COSMOS)よろしく!@Csharp_GO

今日のウンcode(WindowsMRの現状についてまとめてみる)

今月 10/17に配信が始まったWindows10FallCreatersUpdateで正式に始まったWindowsMR。

そんな始まったばかりのWindowsMRについてまとめてみる。

 

1.WindowsMR自体はHoloLensから始まっている。

HoloLensから始まっているので実はWindowsMR自体は結構前からある。

だが、HoloLensもDeveloperエディションなので、まだ正式リリースとは言えない。なので、今回のAcerHMDなどが製品第一号という感じになるだろう。

2.Mixed Reality??いやVRだろ?

WindowsMRのMRはMixedReality(複合現実)の略だ。

複合現実とは簡単に言うと強いAR(笑)

イメージで言うと、ARは現実に仮想を重ねる

MRは現実に仮想を溶け込ませる。

ポケモンGOはARだろう。ポケモンGOはただカメラの映像の上にポケモンを重ねている。もしカメラが物で塞がっていてもポケモンは画面に出続ける。

もし、ポケモンがまるで地面の上にいるように見えて、木の後ろに行ったら見えなくなるのなら、それはMRだと思う。いわゆる電脳コイルや最近やったSAOの劇場版の世界のデバイスのようなもの。

で、今回発売されたWindowsMRヘッドセット(以下WinMRHMD)はMRとはいえない気がする。AcerのパンフレットではガッツリMRと書いてあるが、現実空間が見えない時点でVRというしかないように思う。デバイスの構成的にもガッツリOculusやViveのようなものなので、言い逃れは難しい。

ちょっとMRと名乗るのは詐欺感がある(笑)

3.低スペックPCでも動く

WinMRの魅力はその敷居の低さ。Intel内蔵グラフィックでも動くというだけでなく、WinMRHMD自体の価格も安い(Acerの物で6万)

少し前ならOculusやViveなどのPC VRをやるには10万のヘッドセットに高性能なゲーミングPC(最低15万くらいのもの)が必要だった。

ここまで聞くと、Microsoftやるじゃん!とか思うかもしれないが、実は違う。世間一般が思うVRソフトをやるにはWindowsMR Ultraな環境が必要になる。

WindowsMRではマシンの性能により二段階のエディションがある。

 WindowsMR Intel内蔵グラフィックで動く 画面は60FPS

 WindowsMR Ultra GTX965MやGTX960以上で動く 90FPS 

WindowsMRにおいてサポートするのはWindowsStore上のUWPアプリのみと考えたほうがいい。リッチなグラフィックを使うMR対応UWPやSteamVRは基本WindowsUltraでなければ使えない。使えたとしてもフレームレートが安定せず確実に酔って、気分が悪くなる。VRにおいては90FPSを下回ると基本酔うと考えたほうがいい。ゲーマーなどはこういうフレームレートの低下にはある程度耐性があるが、一般人にはない。自分も90FPSを少しでも下回ると結構酔ったw

4.SteamVR対応

PCVRにおいて二台陣営の一つと言えるSteamVRが利用できる。すでにAcerHMDを使っている人はドライバーを当てることで使えるらしい。あとで試してみようと思う。SteamVR対応によって、コンテンツ不足による普及の障害にはならなそう(逆に言えばUWPのコンテンツが増えなさそう)

5.結構挙動がまだ怪しい&開発者を舐めている

まだ、始まったばかりということで仕方がないのだろうが、ハンドコントローラーに関しては動作が結構怪しい。通信にBlueToothを利用しているということも有り、いろいろなデバイスがある環境では、結構荒ぶるらしいw

でもDeveloperエディション時代に比べれば結構安定している。WindowsMRが原因でブルースクリーンが呼び出されることもないw

自分はDeveloperEditionを買ってその頃からWindowsMR開発に触れているが、DeveloperEditionにはハンドコントローラーがついていなかった。きっと後から単体発売するだろうと思っていたが、そういうこともなく、気づいたらハンドコントローラー付きの製品版が発売されていた。意味がわからん。Developer版は開発者に製品版をかうユーザーが出る前に対応したソフトをつくるためにあるものなのに、なんで製品版の方が早く出るのだろうか?

渋々、ハンドコントローラー(多分単体なら二万くらい)のために製品版(六万)を買った。意味がわからない。

ガチでなんとかしてくださいよ。マイクロソフトさん。本当に(´・ω・`)